プロトコル

プロトコルってこんなやつ

プロトコルってこんなやつ

まあ抽象クラスみたいなやつ。

protocol ExampleProtocol {
	//型と「get」(getter)を書いておく必要がある、必要ならsetも書いてOK
	var simpleDescription: String { get }
	//mutatingについては後述
	mutating func adjust()
}

プロトコルはクラスのほか、列挙型(enum)とか構造体にも使えちゃう。

class SimpleClass: ExampleProtocol {
	var simpleDescription: String = "A very simple class."
	var anotherProperty: Int = 69105	//protocolにはないフィールド
	//classの場合はmutatingがいらない
	func adjust() {
		simpleDescription += " Now 100% adjusted."
	}
}

var a = SimpleClass()
a.adjust()
let aDescription = a.simpleDescription

struct SimpleStructure: ExampleProtocol {
	var simpleDescription: String = "A simple structure"
	//構造体のフィールドの値を書き換えるような関数にはmutatingが必要
	mutating func adjust() {
		simpleDescription += " (adjusted)"
	}
}

var b = SimpleStructure()
b.adjust()
let bDescription = b.simpleDescription

構造体が自身のフィールドの中身(ここではsimpleDescription)を書き換えるような関数を持つ場合、mutatingという単語をくっつけておく必要がある。値を書き換えない関数ならば必要ない。これに伴って、protocol側のadjust()にもmutatingがついている。
ただし、クラスの中の関数の場合は最初から値を書き換える権限(?)を持っているのでmutatingを付ける必要はない。

Intなどの型の拡張にも使うことが出来る。

extension Int: ExampleProtocol {
	var simpleDescription: String {
		return "The number \(self)"
	}
	mutating func adjust() {
		self += 42
	}
}
7.simpleDescription

プロトコルがクラスなどで実装された後も、そのプロトコルの型として認識してくれる。よって、上で登場したaはSimpleClass型の変数・定数の他にもExampleProtocol型の変数・定数に代入して扱うことが出来る。bも同様。

let protocolValue: ExampleProtocol = a
protocolValue.simpleDescription

ただし、プロトコルの型の変数・定数に代入した場合、プロトコル側にはないもの(実装した側が独自に持つフィールドとか)にはアクセスが出来なくなる。
というわけで次のanotherPropertyはExampleProtocolにはないフィールドのため「そんなもん知らねえよ」と言われてエラー。

protocolValue.anotherProperty	//protocolValueがSimpleClass型の変数だったらエラーは出ない

↑ PAGE TOP