Dictionary

Dictionary要素いろいろ
Dictionaryのつくりかたいろいろ

Dictionary要素いろいろ

Dictionaryを1つ作ってみる。キーも値もString。

var airports = Dictionary<String, String> = ["TYO": "Tokyo", "DUB": "Dublin"]

//型宣言の省略
var airports = ["TYO": "Tokyo", "DUB": "Dublin"]

要素を数えるにはcountを用いる。

//The dictionary of airports contains 2 items.
println("The dictionary of airports contains \(airports.count) items.")

新しいキーと値を追加してみたり値を変更してみたりするとこんな感じ。

airports["LHR"] = "London"	//要素3つになった
airports["LHR"] = "London Heathrow"	//London→London Heathrow

updateValueとnilとtupleとforはあとまわし。

あるDictionaryのキーまたは値から新しい配列を作ることもできる。.keyと.valuesを用いる。

let airportCodes = Array(airports.keys)	//["TYO", "LHR"]
let airportNames = Array(airports.values)	//["Tokyo", "London Heathrow"]

新しいのをairportsに入れて、消してみる。消すのはnil代入でできる。removeValueForKeyで消す奴はif文の方に書いた。

airports["APL"] = "Apple International"
airports["APL"] = nil

Dictionaryのつくりかたいろいろ

空のDictionaryを作るときは次のような感じ。

var namesOfIntegers = Dictionary<Int, String>()

namesOfIntegers[16] = "sixteen"	//要素を追加
namesOfIntegers = [:]	//Int・String型の空Dictionaryに戻す

この後はまたあとで。

↑ PAGE TOP